にじーずとは – 団体紹介

団体紹介

にじーずは10代から23歳までのLGBT(かもしれない人を含む)が集まれるオープンデーを定期開催している一般社団法人です。2016年8月に任意団体として東京で発足し、現在では全国各地に拠点を増やしています。にじーずのミッションは「LGBTの子ども・若者が安心して思春期をサバイバルできるつながりを作ること」です。

近年LGBTという言葉は社会で広く知られるようになりました。しかし当事者の子ども・若者の多くは、学校でも家でも自分のことを安心して話せないと感じています。私たちは性のあり方はもちろんのこと、さまざまなちがいが否定されることがなく、多様な人がいるのがあたりまえの居場所を作ることで、子どもや若者の不安や孤立をなくしたいと考えています。

参加者のユースが書いてくれたイラストです

団体概要

団体名称:一般社団法人にじーず 

代表:遠藤まめた

2016年8月に活動開始し2021年4月より法人化

これまでの活動報告書(2021年度2020年度2019年度2018年度

チラシやパンフレット類

メディア掲載

オープンデーの見学や子どもたちへの取材はできませんが、スタッフが取材に応じます。ご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡ください。

新聞・テレビ・ラジオなど

2023年1月20日〜25日 バズフィードに遠藤のインタビュー掲載(全4回)

2023年1月12日 新潟日報「LGBTの子ども15日に居場所提供」

2023年1月12日 朝日新聞「自分らしく」LGBTの若者集う場新潟で

2023年1月10日 FMくらしきにて紹介

2022年12月19日 山陽新聞Webにてイベント紹介

2022年12月19日 NHK「新潟ニュース610」

2022年10月8日 信濃毎日新聞に松本でのにじーず告知掲載

2022年8月16日 TBSラジオ荻上チキセッションに代表・遠藤がゲスト出演

2022年8月15日 読売新聞鳥取版に、にじーず鳥取告知記事掲載

2022年8月14日 北海道新聞「教員手引き書にLGBT対応」に取材協力

2022年8月8日 中学保健ニュースにて相談先として紹介

2022年6月14日 バズフィード「理解ない教師や親に苦しむ若者。居場所をつくる思いを聞いた」

2022年6月13日 毎日新聞「自分も救われた」大阪の27歳、LGBTの若者の居場所づくり

2022年5月28日 毎日新聞LGBTの若者にあす国立で「居場所」 多摩地域の8市連携

2022年5月26日 朝日新聞LGBTの若者、29日に集いの場 国立 多摩地域では初の開催

2022年5月11日 東京新聞 LGBTの若者らの居場所「にじーず」多摩地域でも29日、国立市で初開催

2022年5月2日 ちゃお6月号掲載「こっちむいて!みい子」で、にじーず代表遠藤が取材協力

2022年4月9日 朝日新聞 LGBT集いの場、各地にもやもやを共有してさらけ出す心の内

2022年4月7日    新潟放送ゆうなび特集

2022年4月6日 新潟日報「同じ思いここにいるよ LGBTの子どもや若者に居場所」

2022年3月1日 ハフィントンポスト「連載32年目の「こっちむいて!みい子」で、トランスジェンダーの中学生が初登場。

2022年1月 CHANTO WEB 「スカート履きたい」息子の告白…そのとき親がしてあげられること

2021年11月12日 TBSラジオ「性別関係なく選べる制服を求めトランスジェンダーの学生らが署名提出~LGBTQと制服」

2021年9月29日 信濃毎日新聞「LGBTの若者 友達作ろう」

2021年9月18日 神戸新聞「LGBTの悩み語り合おう」

2021年8月24日 山陽新聞「LGBTの子ども若者へ 岡山で居場所づくり」

2020年10月14日  北海道新聞釧路根室版「LGBT悩まないで」

2019年10月3日 北海道新聞「悩み語り合う場好評」

2019年9月18日 東京新聞「LGBTの若者の居場所づくり3年」

2018年5月22日 東京新聞「LGBT広がる居場所」

書籍・マンガなど

2022年9月 ほんの森出版『教師だから知っておきたいLGBT入門』を代表遠藤が出版

2022年8月 「こっちむいて!みい子」35巻にて紹介

2021年6月 ちくまプリマー新書『みんな自分らしくいるためのはじめてのLGBT』を代表遠藤が出版