【公開イベント】学校でLGBTQ/性の多様性についてどう話す?

一般社団法人法人にじーずでは、2022年8月にどなたでも参加いただける公開イベント「学校でLGBTQ/性の多様性についてどう話す?」をZOOMにて開催します。ご関心のある方は是非ご参加ください。

近年、性の多様性について子どもたちにどう伝えたらよいか、学校でもさまざまな実践が行われています。
外部から講師を招く場合もあれば、教員が勉強して授業を作っている場合もあります。
ひとつの授業で終わる場合もあれば、継続して学習を続けている場合もあります。

「授業でどう教えるか」だけでなく、日々の関わりの中で、多様性を前提としたやりとりをどのように重ねたらよいのかという試行錯誤も行われています。この公開イベントでは、子どもたちと性の多様性についてどう語っていけばよいか、3名の登壇者と一緒に考えましょう。教員のみなさまはもちろん、関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

お申し込みはPeatixのこちらのサイトから

日時:2022年8月6日 (土) 14:00 – 16:00

場所:ZOOMを使ったオンラインイベント

参加費:無料 (カンパチケットあり)

主催:一般社団法人にじーず

後援:神戸市教育委員会

登壇者:
高野慎太郎 (自由学園女子部中等科・高等科)

ながみつまき (小学校教員「多様性を目指す教員の会」世話人)

内藤れん (にじーず関西代表)

 

パネルディスカッション司会:

遠藤まめた(にじーず代表)

内容
教員の立場から、あるいは外部講師として呼ばれる当事者の立場から、登壇者がこれまでどのような実践を行ってきたのか
授業として伝える場合のメッセージ
授業をする前に教員が準備しておきたいこと
子どもたちとの関わりの中で、どのように学びを継続していくのか
学校の「あたりまえ」をどう見直していくか、など

登壇者からのそれぞれの発表ののち、パネルディスカッションを行います。

こちらの公開イベントは大塚商会ハートフル基金の公募助成を受けて実施します。