にじーずとは – 団体紹介

団体紹介

にじーずは10代から23歳までのLGBT(かもしれない人を含む)が集まれるオープンデーを定期開催している一般社団法人です。2016年8月に任意団体として東京で発足し、その後は全国に拠点を増やしています。にじーずのミッションは「LGBTの子ども・若者が安心して思春期をサバイバルできるつながりを作ること」。

近年LGBTという言葉は社会で広く知られるようになりましたが、当事者のユースの多くは、学校でも家でも自分のことを安心して話せないと感じています。性のあり方はもちろんのこと、さまざまなちがいが否定されることがなく、多様な人がいるのがあたりまえの居場所を作ることで、不安や孤立をなくしたいと考えています。

参加者のユースが書いてくれたイラストです

団体概要

団体名称:一般社団法人にじーず 代表:遠藤まめた

2016年8月に活動開始し2021年4月より法人化

これまでの活動報告書はこちら

メディア掲載

オープンデー当日の見学や子どもたちへの取材はできませんが、スタッフが取材に応じます。取材をご希望の方は問い合わせフォームよりご連絡ください。

*2021年6月 ちくまプリマー新書『みんな自分らしくいるためのはじめてのLGBT』を代表遠藤が出版しました。にじーずの活動の様子も描かれています。

2021年9月29日 信濃毎日新聞

2021年9月18日 神戸新聞

2021年8月24日 山陽新聞

2020年10月15日  釧路新聞

2020年10月14日  北海道新聞釧路根室版

2019年10月3日 北海道新聞

2019年9月18日  東京新聞